京都市右京区の整体は「やわら整骨院」つらい痛みを根本改善

おはようございます!やわら整骨院/Y,s整体院の髙松です。

患者さんとの普段のやり取りで、説明している事を、端的に説明したいと思い今回書いています。まずは腰痛の時の対処で、みなさんよく温める。

これをしたり、病院や整骨院でそんな風に言われる機会があると思います。確かに、温めたりするとその時は楽になりますよね?温める事で、筋肉の硬さや血流が良くなり一次的には楽になるので、良くなったと思ってしまいますよね?

当院では、【冷やす】これを、患者さんに指導しています。なんで、冷やすの?冷やすと身体に悪いんじゃない?よく、質問されます。急性期で、炎症を抑えるのに冷やすなどは、聞いたことがあると思いますが慢性期も冷やして行きます。

詳しくは、ここでは書ききれないのですが、理由の1つに日常生活でも負担が掛かっていますよね?立ちっぱなし・座りっぱなし・重い物を持つなど、、、。

ヒトは、重力を受けて生活をしています。二本足で負担を掛けて生活をし続けるって思っている以上に自分の身体に負担を掛けているのです。微量に炎症を起こしているので、一旦局所的に【冷却】をして負担を減らす事を日常生活にも取り入れてもらうのですね。

自分が思ってた事が実は、違った。たくさんあると思います。では、冷やすのはなんでもいいのでしょうか?よく、冷湿布など患者さんから質問を受けますが、冷湿布は基本、表面に対しての効果しかないと言われています。それでも、貼ったほうが楽になる。

そんな声も聞きますが、皮膚からのフィードバックの作用になります。例えば、【手当】これの、語源は痛いところに手を当てて痛みを和らげる事を促す。母親が、よく痛い痛いの飛んでいけとか言われた経験なんかあると思うのですが、そういう意味で、皮膚からの受容器が恒常性を保とうとする役割があるのです。ですが、これらは痛い時の対処にしかならずに、根本的には難しいとされています。

そこで、冷湿布ではなく、どんな物で冷却をするのか?答えは氷水になります。氷嚢というもので、氷を入れていき、氷水を作っていきます。氷が水に溶ける温度は大体0度〜4度くらいです。その温度が人体にとって浸透性があると言われています。これ以下の温度になると、かえって浸透がしにくかったり、下手をすると凍傷になるリスクにもつながっていきます。

ですので、氷水を使い根本的に良くしていく事をしています。それでも、患者さんから冷やすと筋肉が硬くなるんじゃないの?こんな風に心配される声も聞きます。

当院は、先程書いたように、負担が掛かって身体に不調が起こってしまう、それが本当に筋肉のせいなのか?スポーツ選手のように筋肉があっても不調が起こりますよね?問題は、筋肉だけではないという事になってきません?ストレッチ、筋トレをしていても、なかなか良くならなかった方、悪化してきている方は筋肉が原因ではなかったという事になります。

建物でいうと、柱をいくら強くしても、土台の地盤が緩いと建物自体が歪んでしまうのと同じ理由になります。わかりやすくいうと、液状化現象というものです。液状化とは、一見硬そうな地盤が地震の揺れで液状になる事です。それにより地上の建物や道路などが沈下したり、傾いたりする事で、人の身体も土台がしっかりと支えてくれないと、歪んでしまったりしていきます。その様々な歪んでくる原因に対しても冷やすという事は、いいと言われています。温めても、結局よくならなかった、筋トレしてもよくならなかった方は、今までやっていた事や、習慣が少し違っているのかもしれません。

これを機に、身体の構造を理解してみて自分の不調の原因を知る。良い機会にしてもらえればと思います!

京都市右京区の整体は「やわら整骨院」 PAGETOP